0000071818-1

温泉ダイエットは反復入浴法で痩せる!気になる方法と注意点を紹介

温泉には、疲労回復効果や美容効果、ダイエット効果など様々な効果があります。普通に入浴してもダイエット効果が見込めるのですが、反復入浴法という入浴ダイエット法を合わせて実践すると、さらに高いダイエット効果を発揮します。気になる反復入浴法の方法・やり方と注意点を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温泉に入ることでの消費カロリー

http://bit.ly/2kVRBjw

温泉に入ることでの消費カロリーってどのくらいになるかご存知でしょうか?

入るお湯が42度だとすると、10分間入浴するだけで、「80kcal」の消費カロリーになると言われています。

これは10分間ジョギングするのとほぼ同じ消費カロリーということになります。

さらに、温泉は普通の入浴と比べて長い時間入ることも多いですよね。

そうなると1回の温泉で単純に150~200kcal以上の消費カロリーがあると言えます。

温泉に入るだけなのに、意外と消費カロリーは高いなんて、驚きですよね。

 

温泉のダイエット効果

http://bit.ly/2lqPNjo

温泉には疲労回復効果や、美容効果などの効果があるのは有名な話ですが、実はダイエット効果もあるのです。

温泉に浸かれば、たくさんの効果を得られるので、一石二鳥ですよね。そんな温泉のダイエット効果を紹介します。

■発汗作用

私たちの身体は、温泉に限らず、入浴することで汗をたくさん出します。

この汗には、体内の水分だけではなく、いらなくなった老廃物や毒素も含まれています。

老廃物や毒素が排出されることにより、むくみの解消に効果があり、痩せることができると言われています。

■代謝が良くなる

温泉に浸かることによって、血流が良くなり、代謝が良くなります。

代謝が良くなると、1日の基礎代謝量がアップするので、1日におけるカロリー消費量が多くなり、痩せやすい体を手に入れることができます。

 

http://bit.ly/2lqYZEw

■マッサージ効果

温泉に浸かることにより、体に水圧がかかります。

水圧が体にかかることと、全身がマッサージされているのと同じような状態になり、脂肪を燃焼することができます。

また、同時に心臓にも水圧がかかり、負荷がかかります。

この負荷が心肺機能を高めてくれるので、普段から息切れしにくくなったり、代謝が良くなったりすると言われています。

■ストレスの解消による食生活の改善

人の脳は、ストレスを感じると、そのストレスを解消するために肉や甘い物を欲します。

その結果、体に肉や甘いものを食べるよう強い指令を出し、それを我慢できないと太ってしまう原因になります。

温泉には、ストレスの解消効果があるので、脳がお肉や甘い物などを欲しなくなり、食生活を改善することができるため、痩せることができると言われています。

 

反復入浴法でダイエット効果がアップ!方法・やり方を紹介

http://s.jalan.net/2kaokSW

普通に温泉に浸かるだけでも効果を期待できるのですが、反復入浴法という方法を加えて行うと、より高いダイエット効果を得ることができます。

《反復入浴法の方法・やり方》
1.これからたくさん汗をかくので、温泉に入る前に水分補給をします。
2.42℃前後の熱めの温泉に入浴します。
3.3~5分浸かったら、お湯の外に出て3~5分休憩します。
4.これを3セット行います。
5.入浴後も水分補給を忘れずに。

 

http://bit.ly/2ktAWAm

《反復入浴法の効果》

■発汗作用によるデトックス効果

温泉に入ると、たくさんの汗をかき、体内の老廃物や、毒素を一緒に洗い流してくれます。

老廃物や毒素は体に溜まると、むくみの原因になりますが、入浴によるデトックス効果で、解消することができるのです。

■血行促進による基礎代謝量のアップ

温泉に入ることによって、血行が促進され、体の基礎代謝量がアップします。

この基礎代謝量とは、人が何をしなくても、生命維持のために消費するカロリーのこと。

この基礎代謝量がアップすることによって、1日における消費カロリー量が高くなり、痩せやすい体を作ることができます。

■「褐色脂肪細胞」の活性化による脂肪燃焼効果

反復入浴法で、熱いのと寒いのを繰り返すことにより、脂肪を燃焼してくれる効果のある「褐色脂肪細胞」の働きが活発になります。

これによって、脂肪をバンバン燃やしてくれて、痩せることができます。

■胃の動きを抑えることによる食欲制限効果

温泉に入ることによって、胃の働きを抑えることができます。

胃の働きが抑えられると、食べ物などを消化する際に必要な胃液の分泌も抑えられ、食欲を制限してくれます。

 

ダイエットにおすすめの泉質・温泉地

http://bit.ly/2kzrLB6

■硫黄泉

日本の温泉の泉質で多いと言われている、硫黄泉。独特な香りがし、苦手な方も多いのではないでしょうか?

しかし、その香りとは裏腹に、高いダイエット効果があると言われており、注目されています。

硫黄泉には、デトックス効果があり、老廃物や毒素を排出してくれる効果があると言われています。

また、代謝アップや便秘解消効果があり、まさにダイエットに最適な泉質と言えます。

代表的な温泉地:草津温泉、箱根湯本温泉、万座温泉など

http://bit.ly/2kW4UAs

■硫酸塩泉

硫酸塩泉にも高いダイエット効果があります。

硫酸塩泉には、腸内環境を整えてくれる効果があり、便秘を促してくれます。

便秘が解消されることにより、体に溜まった老廃物が排出され、痩せやすい体に。

また、保湿効果もあり、温泉から上がった後も長時間高い体温をキープできるので、安眠効果があり、十分な睡眠を取ることで痩せやすい体を作ることができます。

代表的な温泉地:伊香保温泉、鳴子温泉など

 

http://bit.ly/2kbFGtM

■炭酸水素塩泉

炭酸水素塩泉は、アルカリ成分が多く含まれているのが特徴の泉質です。

炭酸水素塩泉には、代謝アップや保湿効果、便秘解消効果などのたくさんのダイエット効果があります。

美容効果も抜群で、ダイエット効果もあり、女性にとっては嬉しい泉質ですね。

代表的な温泉地:中禅寺温泉、有馬温泉、土湯温泉など

 

温泉ダイエットの注意点

http://bit.ly/2kttlly

■体質に合わない温泉は避ける

その温泉によって、成分が異なっていて、人によって体質に合う合わないがあります。

体質に合わない温泉に無理をして入ると、湯あたりという頭痛やめまい、寒気、肌荒れなどの症状が出る場合もあります。

このような症状が出たら、その温泉は体に合ってないというサインなので、入らないようにしましょう。

■体調が悪くなったら中止する

反復入浴法は、お湯に入ったり出たりと体にかなりの負荷が掛かる入浴法です。

それ故、心臓に疾患を抱えている人や、高齢者の方は体調が悪くなることもあるので注意が必要です。

体調に少しでも異変を感じたら、即、入浴を中止するようにしましょう。

■かけ湯を必ず行う

温泉の浴槽に入る前に、桶で体を流したり、シャワーを浴びるかけ湯を行うと思います。

このかけ湯には、体の汚れを洗い流しマナーを守る意味だけでなく、ヒートショックを予防する効果もあります。

ヒートショックとは、急激な体温の変化により起こり、寒いところからいきなり熱いお湯に入ったり、熱いお湯からいきなり寒いところに出たりすることが原因で起きます。

浴槽に入る前に、お湯を体にかけて慣らすことにより、急激な体温の変化が起こりにくくなると言われています。浴槽に入る前に必ずかけ湯を行うようにしましょう。

 

http://bit.ly/2kzniOF

■お湯から出るときは、ゆっくりと

お風呂から上がるときは、今まで体にかかっていた水圧から解放され、下半身に血液が集中しやすくなります。

血液が下半身に集中すると、上半身に血液が少なくなり、貧血を起こしやすくなります。

浴槽から出るときは、ゆっくりと上がるようにしましょう。

■水分補給をしっかりとする

温泉に入ると、たくさんの汗をかきます。

それが反復入浴法だと、なおさら多い量の汗が体から出ていくことになります。汗が体から出ていくということは、体内の水分量が減るということで、そのまま放っておくと、最悪の場合脱水症状になってしまうことも。

きちんと、入浴前と入浴後に水分補給をすることを忘れないようにしましょう。

■風邪を引いている入浴を控える

みなさんは風邪を引いている時に入浴していませんか?

風邪を引いている時の入浴はしないほうが良いと言われています。

その理由は、入浴によって体温が上がると、風邪のウイルスが活性化し、風邪の症状を悪化させてしまう原因になります。

風邪の引きはじめや、熱が下がった段階では、体を温めることが大事なので、入浴をしても大丈夫なのですが、長時間の入浴は避けるようにしましょう。

温泉ダイエットを試してみて!

http://bit.ly/2kzy3AH

温泉ダイエットについて紹介しました。

反復入浴法は、かなり高いダイエット効果を期待できるのでおすすめのダイエット法ですが、体にかかる負荷も大きいので、きちんとご自分の体と相談してから実践するようにしましょう。

みなさんも、温泉に行った際は、是非反復入浴法を実践して、理想の体を手に入れてください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集