large_817350_1-2

痩せる習慣をマスター。痩せている人に共通する10のこと

みなさんの周りにも、たくさん食べているに痩せている子いませんか?それは体質だから仕方がないと諦めてはいけません。痩せている人には、共通する痩せる習慣がありました。痩せている人に共通する10のことをマスターして、理想の体をゲットしましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たくさん食べるのに痩せている子いますよね

http://bit.ly/2kNmI1n

みなさんの周りにも、たくさん食べるのに痩せている子いませんか?

たくさん食べても太らないのは、生まれながらの体質だと諦めてはいけません。

痩せている人には、共通する痩せ習慣があったんです。

なかなか痩せることができなくて悩んでいる方も、痩せ習慣をマスターすれば、無理なく痩せることができます。

痩せている人に共通する習慣を10個紹介します。

みなさんも是非、「痩せている人に共通する10のこと」をマスターして理想の体型を手に入れましょう!

痩せる習慣1、睡眠時間は1.5の倍数にする

http://bit.ly/2kKPJqT

痩せるのには、睡眠の質も大きく関わってきます。

良質な睡眠をすることができれば、痩せやすくなりますし、反対に質の悪い睡眠を続けていると痩せにくい体になってしまいます。

睡眠の乱れがなぜ、ダイエットにも大きく関わってくるかというと、質の悪い睡眠は体内時計を狂わすからです。

体内時計が狂うことによって、空腹になる時間が正常な時間とずれてきて、太りやすい時間帯に食事をすることになってしまいます。その結果、太りやすい体を作ってしまうことに繋がります。

質の良い睡眠をとるには、睡眠時間を1.5の倍数にするようにしましょう。

4時間30分、6時間、7時間30分など、人の体は1.5時間ごとに、浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を繰り返しています。

レム睡眠とノンレム睡眠が切り替わる時間に起きることができれば、目覚めが良く、食生活も正常にすることができます。

痩せる習慣2、ヒールの高さを毎日変える

http://bit.ly/2jQDtEo

ヒールの高さを毎日変えると痩せることができます。

なぜ、ヒールの高さを変えるだけで痩せることができるのかというと、ヒールの高さによって使う筋肉は異なります。

毎日違う高さのヒールを履いて歩くと、いろいろな筋肉がバランスよく使われ、均等に筋肉がつき、引き締まるためです。

引き締まって見えるだけでなく、筋肉をバランス良くつけることによって、体の基礎代謝量が上がります。

体の代謝量が上がると、1日に消費するカロリーが増えるので、痩せやすい体を作ってくれます。

痩せる習慣3、たんぱく質を積極的に摂取する

http://bit.ly/2jqbrU8

たんぱく質はダイエットに向かないと思われがちですが、実はたんぱく質は、ダイエットの強い味方なのです。

タンパク質には、筋肉ができるのを助けてくれる働きがあります。

筋肉がつくと体重が増えるのでは?と思う方も多いかもしれませんが、筋肉には代謝を上げてくれる効果があります。

たんぱく質を積極的に摂取することによって、質の良い筋肉を作ることができ、代謝が良くなり、痩せやすい体を作ることができるという仕組みです。

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の理想的な割合

http://bit.ly/2jqayLp

《動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を7:3で摂取するのが理想》

たんぱく質には、動物性と植物性の2種類があります。

動物性、植物性どちらか一方に偏ってしまうと健康的によくありません。動物性と植物性の摂取のちょうど良いバランスは、7:3と言われていて、動物性をメインに植物性で残りを補うイメージです。

  • 動物性たんぱく質が多く含まれる食品
    肉、魚、卵、チーズ、牛乳など
  • 植物性たんぱく質が多く含まれる食品
    豆類、穀物類、野菜、きなこ、味噌など

痩せる習慣4、ながら運動を生活に取り入れる

http://bit.ly/2jyqtTh

健康的にダイエットをするには運動をすることが必要です。

毎日運動の時間を取れれば一番良いのですが、仕事や家事などでなかなか時間が取れないという方多いと思います。

そんな方におすすめなのが、仕事や家事など日常生活を送りながらその中に運動を取り入れることです。

仕事や家事などの日常生活の中に運動を取り入れると言われても、どんなことをすれば良いかイメージするのは難しいと思いますので、いくつか例を紹介します!

歯磨き中は骨盤を回す

歯磨きの時間は1回3分程度と短い時間ですが、ながら運動には最適な時間です!

歯磨きをしながら骨盤を回すと、くびれができ理想の体を手に入れることができます。

また、骨盤を回すことによって、骨盤の歪みが解消され、代謝が良くなり痩せやすい体を作ることができます。

コツとして、上半身は固定し、腰を円を描くように回すことです。右回り、左回り均等に行うとバランスの良いくびれができます。

信号待ちで片足立ち

信号待ちの時間はすることがなく、もったいない時間です。そんな時間を有効に活用しましょう。

信号を待ちながら片足立ちをすると、体幹が鍛えられ、痩せやすい体を作ることができます。

片足立ちをしながら、お尻やお腹に力を入れて実践すると、より高い効果を期待することができます。

http://bit.ly/2kc6bRo

階段を使う

普段、エレベーターやエスカレーターで移動しているのを階段にするだけで、かなり消費カロリーが変わってきます。

全て階段にするのが辛い場合には、1階分だけでも階段にするのでも効果があります。

体力もつき、一石二鳥なので、試すしかありませんね!

舌回しを実践

通勤中やデスクワーク、家事などをしながら舌回し運動を行いましょう。

顔の周りの筋肉が鍛えられ、小顔効果を期待できます。小顔効果だけでなく、ほうれい線の解消にも効果があり、若返ることができます。

舌回し運動の方法は、口を閉じ、歯の表面をなでながら時計回りに回していきます。

これを反時計回りも行うだけの簡単な運動です。何か他のことをしながら行いやすいのでおすすめです!

痩せる習慣5、横隔膜呼吸をマスターする

http://bit.ly/2jPvIRz

人は動いていなくても常にカロリーを消費しています。

その代表例なのが呼吸。呼吸をするだけでもカロリーを消費しているのです。

そんな呼吸を横隔膜呼吸にすると、普通に呼吸するよりもカロリーを消費することができます。

横隔膜呼吸の方法は、肺とお腹同時に空気を入れ、空気を吐くイメージで行います。

たかが呼吸ですが、やってみるとなかなかきついはず!横隔膜呼吸をマスターすれば、普通に生活しているだけで痩せ体質になることができます!

痩せる習慣6、血糖値をコントロールする

http://bit.ly/2gUgh6I

体内の血糖値が上がると、インスリンという成分が分泌され、体内の糖が脂肪に変換されやすくなります。

痩せるためには、血糖値の上昇を抑える必要があります。

血糖値が上がる原因として挙げられるのが、空腹時の食事とGI値の高い食べ物の摂取の2つです。

空腹時に食事をすることによって、体内の血糖値が急上昇し、インスリンが大量に分泌され、脂肪がつきやすくなります。

なるべく空腹の状態をなくすように、間食をすると良いでしょう。

このときカロリーや糖質が高いものを食べてしまうと、元も子もありませんので、低カロリー、低糖質のおやつを選ぶようにしましょう。

また、食事の際にGI値の高い炭水化物などから食べると、血糖値が上がり太りやすくなってしまいます。

そこで、野菜や海藻類などの低GI値の食品を先に食べて血糖値の上昇を緩やかにしてから主食である炭水化物を摂ると太りにくく痩せやすい体を手にいれることができます

痩せる習慣7、1口30回噛む

http://bit.ly/2jQDzw2

1口30回噛むことを意識すると痩せることができます。

人は、たくさん噛むことによって、満腹中枢が刺激され、少量の食事で満腹になります。

最初はなかなか慣れなくて大変だと思いますが、こんな手軽なダイエットを試さない手はありません!

痩せる習慣8、脳をコントロールする

http://bit.ly/2jyn3zK

人の体を司っているのが、脳です。

脳のコントロール法をマスターできれば、痩せやすい体を作ることができます。すぐにでも実践できるコントロール法を4つ紹介します。

明日の食事を決めておく

明日の食事を前日に決めてイメージするだけで、痩せ体質になることができます。

前日に食事をイメージすることによって、同じような食事を避けることができるので、栄養が偏らず、痩せやすくなります。

また、明日の食事をイメージすることによって、楽しい明日をイメージすることに繋がり、脳が食事に対して敏感になるので、過食を防いでくれる効果があります。

「いただきます」と「ごちそうさま」を声に出して言う

「いただきます」と「ごちそうさま」は、食事の始まりと終わりの区切りをつけるために必要な言葉。

きちんと声を出して言うことによって、食事の始まりと終わりを脳が把握し、ダラダラと食べ続けるのを防いでくれます。

http://bit.ly/2kPAUmp

食べるものを写真に撮る

今の時代、食べるものを写真に撮り、SNSに載せる方が増えています。実はこの行動は、痩せ体質になるために必要なことです。

食べ始める前に写真を撮って、ワンクッションを置くことによって、その食事の栄養やボリュームを再確認することができ、冷静に判断することができます。

カロリー表示だけでなく、食品表示を確認

コンビニやスーパーなどで、食べ物のカロリーを確認する方は多いと思いますが、原材料までチェックする方は少ないです。

カロリーを確認することももちろん重要ですが、原材料も確認するようにしましょう。

原材料に、食品添加物が多い食品は、健康的に体に良くありませんし、消化に多くのエネルギーを消費するので、代謝が悪くなり、太りやすくなってしまいます。

カロリー表示だけでなく、食品表示も気にするようにすると良いでしょう!

痩せる習慣9、冷蔵庫を整理する

http://bit.ly/2jq8d3f

冷蔵庫の中身を整理するだけで、痩せ体質になることができます。

冷蔵庫に健康的に痩せる食品や、自分の体に不足している栄養を含んでいる食品を入れておくと、自然と食生活が変わり、痩せやすくなります。

また、食べたら太るものは、冷蔵庫の奥にしまうようにしましょう。

冷蔵庫の奥にあるものは、取り出すのがめんどくさくなり、自然と食べなくなります。

その分、太りにくいものを手前にしまっておくと、取り出しやすいため、それらを優先的に食べるようになります。

痩せる習慣10、筋トレを毎日行う

http://bit.ly/2kNpl3e

一見、筋肉はダイエットの天敵だと思われがちなのですが、実は強い味方なのです。

筋肉は、体を引き締めて見せてくれるだけでなく、体の基礎代謝を助けてくれます。

良質な筋肉をつけることによって、体の基礎代謝量が上がり、1日に消費するカロリーを高めてくれるため、痩せやすい体になることができます。

忙しい方は、なかなか筋トレの時間を作るのが難しいと思いますが、ほんの少しの時間で良いので、1日の中に筋トレの時間を組み込むようにしましょう。

少しの時間ですが、毎日継続することによって、目に見える効果を期待することができますよ!

痩せている人の痩せ習慣を真似てみよう!

http://bit.ly/2kPEv3Q

痩せている人の痩せ習慣を10個紹介しました。

痩せている人は、自然とこの10個ができている訳ではなく、しっかりと努力もしています。

痩せている人は、もちろん体質もありますが、日々の積み重ねによるものがほとんどです。

みなさんも、その痩せ習慣を真似して、生活の中に取り入れてみましょう!

最初は慣れなくても、毎日続けていくうちに大変ではなくなってきます。慣れた頃にはきっと、驚くほどの効果を発揮してくれますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…